fc2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2024 04/04

[石川県] 国指定史跡の金沢城跡3


前回前々回と同じく、石川県金沢市丸の内の金沢城公園内にあります
『金沢城跡』(かなざわじょうあと)の第3弾をお伝えします(^^)/

前回最後に紹介した数寄屋敷石垣には、○や×の刻印がしてあることが説明板に書かれていましたが、2枚目の写真を見ていただくと刻印がよくわかります。
金沢城跡③ 数寄屋敷石垣

金沢城跡③ 石垣刻印




別の説明板に”石垣の「刻印」”一覧がありましたので載せておきます。
金沢城跡③ 石垣刻印説明

「金沢城の石垣には、200種類を超える刻印(石に刻まれた記号)があるといわれ、その豊富さが特徴となっている。〇や□、△、×など単純な図形を基本に、直線や曲線、点、あるいは文字を組み合わせて図案化したものがほとんどであるが、卍や鳥居など伝統的な図案を用いたものや扇、木槌、魚など図案化したものもある。
 刻印が、どのような目的でつけられたものか完全には解明されていないが、一説には、石材の採掘場所である石切丁場の目印や石工への仕事の割り振りの目印などの目的があったとも考えられている。」

一番下に図案が少し載っていますが、複雑なものから簡単なものまで様々です。



数寄屋敷跡を東に出ると、「二の丸広場」に出ました。
金沢城跡③ 二の丸広場





五十間長屋を内側(二の丸広場側)から見ています。一番奥に見える高いのが「菱櫓」です。
金沢城跡③ 五十間長屋





総合案内所で入館料大人320円を払っていますので、中に入場します。
金沢城跡③ 五十間長屋入口





五十間長屋は平成10~13年に復元されたものとなるようです。五十間ありますので、中はかなり広く感じます。
1,2階共、各所に展示物が置かれており、資料館も兼ねているようです。
金沢城跡③ 五十間長屋内部①

金沢城跡③ 五十間長屋内部②





写真は撮り忘れましたが、続櫓から「橋爪門二の門」へも行けました。
金沢城跡③ 橋爪門二の門説明

「橋爪門は、金沢城の中心である二の丸に至る最後の門で、城内で最も格式の高い門です。高麗門形式の「一の門」、石垣と二重塀で囲まれた「枡形」、櫓門形式の「二の門」からなる枡形門で、枡形は城内最大を誇ります。
 平成13年(2001)に復元された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓を増築する形で、平成27年(2015)に「二の門」が復元され往時の姿がよみがえりました。
 橋爪門続櫓から二の門に通じる出入口は、江戸時代の絵図からは確認されていませんが、利活用や防災・避難のために新たに設けたものです。」とありました。



菱櫓と五十間長屋の軸組模型です。模型は実物の1/10で製作され、櫓の復元には、施工に携わる大工が柱や梁の組合せと施工手順の把握するために作られたようです。
金沢城跡③ 模型





1枚目は橋爪門続櫓から三の丸広場側を見ています。
2枚目は菱櫓から河北門と三の丸広場を見ています。
金沢城跡③ 長屋眺望①

金沢城跡③ 長屋眺望②





五十間長屋を出て、次は南に向かいます。「三十間長屋」へ向かう方にも石垣がありますが、どこの場所の石垣かはわかりませんでした。
金沢城跡③ 南へ行く途中の石垣





先程の写真を真っ直ぐ進み、突き当たりを右に曲がると「戌亥櫓石垣」と書かれた石垣がありました。
金沢城跡③ 戌亥櫓石垣

「この石垣は「粗加工石積み」の積み方をしていますが、石の隙間に平らな石をはめ込み、「切石積み」のように見せる技法が用いられています。長い年月の間に石が抜け落ちていますが、当時の巧みな技術を見ることができます。
 はめ込まれた石が残っているところと抜けおちたところを比較しながら、当時の姿を想像してみてください。」
と、書かれていました。確かにビッシリと隙間がない所は全体が苔で覆われています。



国指定重要文化財の「三十間長屋」に到着ですが、残念ながら外装の修繕中で、全く外観を見る事ができませんでした…(゜◇゜)ガーン
金沢城跡③ 三十間長屋


なので、Googlストリートビューにてご覧下さい。  


と言う事で、三十間長屋は次回お伝え致しま~~す(^^)/


場所:金沢城跡


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 
よければポチッとお願いしま~す(^^)/

[PR]

この記事と関連する記事

[石川県] 国指定史跡の金沢城跡3

石川県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「[石川県] 国指定史跡の金沢城跡4

BEFORE「[石川県] 国指定史跡の金沢城跡2

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top