fc2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2023 12/01

[長野県] 諏訪の浮城 高島城2


前回に引き続きで、長野県諏訪市高島にあります
『高島城』(たかしまじょう)天守閣をお伝えします。

まずは、公園の石段下から見た高島城天守閣です。天守閣はこの石段を上がった高さの所に城内入口があります。
高島城② 公園より天守閣





石段下には高島城の説明板がありました。
高島城② 説明板

「高島城は天正18年(1590)、豊臣秀吉の家臣、日根野織部正高吉によって設計され、文禄元年(1592)着工、慶長3年(1598)完成した。
 この高島城は、諏訪湖と数条の河川が周囲をめぐり濠の役をつとめ、諏訪湖の波が城の石垣に迫り、「諏訪の浮城」と呼ばれ慶長6年(1601)初代藩主諏訪頼水から10代藩主諏訪忠礼に至る270年の間、諏訪氏の居城としてその威容を誇ってきた。
 明治4年(1871)廃藩置県となり、明治8年(1875)廃藩置県によって天守閣は撤去され、翌明治9年(1876)5月高島城趾は「高島公園」として、一般に開放された。
 朝夕の「時の太鼓」が鳴らなくなって100年、諏訪の住民の「高島城」に寄せる愛着は強く、昭和45年(1970)春、ここに「高島城」は復興された。」と、記されていました。




石段上からの天守閣です。鎧壁が意外と薄茶色で統一されていて、今までに見た事がない雰囲気の天守閣です。
高島城② 天守閣全景





石垣の上にある天守閣入場口より入ります。天守閣入場料は大人310円でした。
高島城② 天守閣入口





中はギャラリーや資料館となっており、3階は展望フロアとなっていました。展望テラスがありますので、外に出て眺望を楽しめます。
高島城② 1階

高島城② 3階





1枚目の東側テラスでは、堀に架かる冠木橋がうかがえます。2枚目の南東方向では、眼下に高島公園が見えます。この写真中央(山の谷になっている部分)に、うっっっっっすらと富士山が見えました。肉眼だと結構はっきりわかったんですが、順番にカメラでズームしていきます。3枚目でようやくぼんやり(↓下)と写りましたが…写真だと、4枚目くらい拡大してなんとか見える感じでした(^^;)
高島城② 東眺望

高島城② 南東眺望

高島城② 富士①

高島城② 富士②

高島城② 富士③





続いては西側テラスの眺望です。1枚目では全くわかりませんが、肉眼だと中央のマンションらしき後ろに、乗鞍と穂高岳の3,000m級の山々がうかがえました。2枚目でチラッと白いのが見え、3枚目で漸く雪が積もった稜線が見えてきます。4枚目が先程の富士山くらいの倍率です。
高島城② 西眺望

高島城② 西乗鞍穂高①

高島城② 西乗鞍穂高②

高島城② 西乗鞍穂高③





最後は駐車場のある南西側の道路より撮った天守閣全景となります。
高島城② 南西より天守閣



御城印には諏訪家家紋の「丸に梶の葉」と裏紋に「鶴丸紋」がデザインされていました。
高島城


場所:高島城


にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 
よければポチッとお願いしま~す(^^)/

[PR]

この記事と関連する記事

[長野県] 諏訪の浮城 高島城2

長野県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「[長野県] 諏訪大社上社摂社の八剱神社

BEFORE「[長野県] 諏訪の浮城 高島城1

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top