FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2019 05/04

[岐阜県] 美濃西国三十三観音の万尺寺


小山寺に続いては、岐阜県美濃加茂市太田町にある『万尺寺』(まんしゃくじ)に行きました(^^)/ 美濃加茂市役所からは東に100mと、街中にあります。
国道21号通りに面して入口があり、右手の石柱に山号である「恵昌山」と刻まれ、左手の寺号標(石柱)に寺号の「萬尺寺」と旧字で刻まれています。正式名称は恵昌山万尺寺で、臨済宗妙心寺派の寺院になります。

万尺寺 入口、寺号標 


境内参道の廻りは、高木・低木の植栽で埋め尽くされています。今回山門はありません。

万尺寺 参道 


左に斜めに参道を進むと開けた場所に出ました。奥にある本瓦葺き入母屋造りの大きい建物が本堂になります。

万尺寺 境内全景 


右手に庫裏があり、左手には阿弥陀堂がありました。赤い薬師如来のノボリと、向拝の柱には「中濃八十八ヶ所」、「中部四十九薬師霊場」の札が掛かっていました。

万尺寺 庫裡 

万尺寺 阿弥陀堂 


阿弥陀堂の左には鐘楼がありました。

万尺寺 鐘楼 


阿弥陀堂向拝です。中濃八十八ヶ所霊場の第六十番、中部四十九薬師霊場の第四十八番礼所となっており、堂内には、阿弥陀如来、薬師如来、子胎地蔵、荼枳尼天、弘法大師を安置しております。
本堂の前に阿弥陀堂にてお参りをさせていただきました。<(_ _)>

万尺寺 阿弥陀堂前 


本堂正面全景です。昭和五十年(1975)に本堂を再建しており、鉄筋コンクリート造となっています。今回のお参りの目的であります、美濃西国三十三観音霊場の第二十二番礼所となっています。御本尊は聖観世音菩薩で、秘仏につき十七年毎に御開帳するようです。
本堂にてお参りをさせていただきました。<(_ _)>

万尺寺 本堂 

万尺寺の縁起は
「正治年間(1199~1201)鎌倉幕府の有力御家人であり、坂東武士の鑑と称された畠山荘司重忠の菩提寺として、太田城房の地に創建され、当時は七堂伽藍を備えていた。天台宗の寺院であったが室町期の兵火に罹災し、記録も共に焼失したという。文明三年(1471)妙心寺六世雪江宗深が高弟、景川宗隆禅師が再建し、禅に改宗した。寛文八年(1668)に妙心寺派に転宗した。元禄五年(1692)にも火災に遭い、焼失したが二年後に再建された。」



本堂前には子育観世音菩薩が祀られています。

万尺寺 子育て観音 



本堂に右側に玄関がありました。右に行くと先程の庫裡に行きます。

万尺寺 玄関 


本堂左側には、福寿稲荷が祀られていました。

万尺寺 稲荷 


納経印
万尺寺 


場所:万尺寺



にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 
よければポチッとお願いしま~す(≧∇≦)ノ

[PR]

この記事と関連する記事

[岐阜県] 美濃西国三十三観音の万尺寺

岐阜県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「[岐阜県] 美濃西国三十三観音の祐泉寺

BEFORE「[岐阜県] 各務原市内 金弊社 5社めぐり 一覧

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top