FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2019 03/13

[奈良県] 世界遺産 春日大社の末社 金龍神社


春日大社の摂末社である若宮神社、夫婦大国社に続いては、奈良巡拝最後の参拝場所となりました『金龍神社』(きんりゅうじんじゃ)です。金龍神社は春日大社の末社で、若宮十五社めぐりの第十四番社になります。
夫婦大国社からさらに南に下った所に、金龍神社と書かれた赤いノボリがたくさん立っていました。

金龍神社(春日大社) 入口 




坂と石段の先に朱色の鳥居がありました~(^^)/

金龍神社(春日大社) 鳥居 




石段上がった先に、朱色の柵で囲われた小さい境内がありました。

金龍神社(春日大社) 境内全景 




境内に入る手前に「聖蹟 金龍殿と燈籠奉献の辞」と書かれた石碑がありました。読もうと思いましたが、あまりに小さい字すぎてパスしちゃいました(^^;)

金龍神社(春日大社) 石碑 




小さい御本殿ですが、千木と鰹木がある立派な春日造りとなっています。柵廻りにはこれでもかッ!ってくらい赤いノボリが立てられて目立ちます。

金龍神社(春日大社) 本殿 




金龍神社の御由緒が書かれていました。

金龍神社(春日大社) 由緒 

「今から七百年程前、鎌倉幕府の零落による世の乱れを嘆かれた後醍醐天皇は、倒幕を志されたが事半ばにして幕府に露見。天皇は難を逃れて笠置へ落ちさせられた。これが元弘元年(1331)八月二十五日の世にいう元弘の変である。
 この途次、天皇は春日社に潜幸され、一面の御鏡を奉安されて、天下泰平の御祈祷を遊ばされた。これが金龍神社の起りである。
 宮中(禁裡)の御鏡を奉安されたので禁裡殿とも申しあげる。」



御由緒の看板にも書かれていましたが、御祭神は金龍大神(きんりゅうおおかみ)になります。御神徳は「開発・発達の神様」と書かれていましたが、一般にはその名前から「金運」「福運」の神様として、春日大社の摂末社の中でも「お金」にまつわるパワースポットとして人気のようです。
御本殿前にてお詣りをさせていただきました<(_ _)>

金龍神社(春日大社) 本殿前 




帰りは南へ真っ直ぐ「歴史の道」を、ゆっくり歩いてホテルに帰りました~(^^)/

金龍神社(春日大社) 歴史の道案内図 

金龍神社(春日大社) 歴史の道 




御朱印は夫婦大国社にていただけます(^^)/
金龍神社(春日大社) 

場所:金龍神社(春日大社)



にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 
よければポチッとお願いしま~す(≧∇≦)ノ

[PR]

この記事と関連する記事

[奈良県] 世界遺産 春日大社の末社 金龍神社

奈良県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「[岐阜県] 美濃西国三十三観音の徳雲寺

BEFORE「[奈良県] 世界遺産 春日大社の摂末社 若宮神社と夫婦大国社

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top