FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2019 02/27

古都奈良の世界遺産⑩ 興福寺南円堂・三重塔


中金堂拝観の次は、興福寺西側にある『興福寺南円堂』(こうふくじなんえんどう)に行きました(^^)/

一度、石段降りて、敷地前の「三条通」に出ます。写真は通りから石段を望んでいます。石段脇には「不空羂索観音菩薩」(ふくうけんさくかんのんぼさつ)と書かれた赤いノボリが数多く立てられています。

興福寺(南円堂) 石段 




入口には「西国九番 南圓堂」と旧字で刻まれた石碑がありました。南円堂は西国三十三所第九番礼所となっています(^^)/

興福寺(南円堂) 石碑 




石段を中間まで上った所の左手に「延命地蔵尊」がありました。

興福寺(南円堂) 延命地蔵 




延命地蔵尊の更に奥に行くと、木の間に南円堂が伺えました。

興福寺(南円堂) 南円堂下から 




最奥には国宝の『興福寺三重塔』がありました。
東の五重塔と共に国宝になっているのは驚きました(・∀・)

興福寺(南円堂) 三重塔 




立て看板には「康治二年(1143)崇徳天皇の中宮皇嘉門院の願建。治承の乱にて焼失して鎌倉時代に再建」と書かれていました。

興福寺(南円堂) 三重塔説明板 




三重塔の正面です。「北円堂」と共に興福寺最古の建築物となります。

興福寺(南円堂) 三重塔正面 




先程の石段に戻り、上がった右手に手水舎がありました。身を清めます。

興福寺(南円堂) 手水舎 




『南円堂』全景です。日本で最も大きい八角堂と言われており、正面に唐破風屋根の付いた向拝が設けられています。弘仁四年(813年)に創建した八角堂ですが、現在の建物は寛政元年(1789年)の再建になります。昭和61年に国の重要文化財に指定されました。

興福寺(南円堂) 全景① 



*この立て看板では寛保元年(1741)に立柱とあります。
興福寺(南円堂) 説明板 




最初の石碑にありましたが、南円堂は西国三十三所の第九番礼所です。ご本尊は赤いノボリにあったように不空羂索観音菩薩になります。現存の本尊「木造不空羂索観世音菩薩坐像」(国宝)は仏師運慶の父、康慶の作とされています。

興福寺(南円堂) 全景② 




向拝扁額には、今回頂いた御朱印に書かれた御詠歌と同じ言葉が書かれていました。
「春の日は 南円堂に かがやきて みかさのやまに はるるうすぐも」
堂内は立入禁止となっていますので、向拝にてお参りをさせていただきました<(_ _)>

興福寺(南円堂) 向拝 

南円堂はパンフレット貰い忘れちゃったので、堂内の詳細はございません(^_-)


南円堂と書かれた西国第九番の御朱印

興福寺(南円堂) 


西国第九番南円堂御詠歌の御朱印

興福寺(南円堂) 御詠歌 

場所:興福寺南円堂



にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ 
よければポチッとお願いしま~す(^^)/

[PR]

この記事と関連する記事

古都奈良の世界遺産⑩ 興福寺南円堂・三重塔

奈良県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「古都奈良の世界遺産⑪ 興福寺北円堂・一言観音堂

BEFORE「古都奈良の世界遺産⑨ 興福寺中金堂・国宝館

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top