FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2019 01/30

古都奈良の世界遺産① 東大寺大仏殿


昨年の11月、念願叶って奈良市の社寺めぐりに行ってきましたので、今回よりしばらくの間ブログにて報告させていただきます(´ー`)ノ

最初は1998年に古都奈良の文化財として、世界遺産に登録されました『東大寺』(とうだいじ)に行きました(^^)/ 一番目に紹介するのは『東大寺大仏殿』(とうだいじだいぶつでん)です。正式には「東大寺金堂」(とうだいじこんどう)と言いますが、一般的には大仏殿が使用されていますので、タイトルも大仏殿とさせていただきました。
東大寺くらいになると、ホームページやブログ等が溢れていますので、細かい説明は省かせていただきます<(_ _)>

まずは、東大寺の玄関口になります「南大門」です。朝10時に着いたんですが、すでに修学旅行生の集団で、写真数枚撮りましたがこれが一番スッキリしている写真になります(^^;)
南大門に掲げられている扁額は「大華厳寺」と書かれています。東大寺は山号はありません。華厳宗の大本山の寺院になります。

東大寺大仏殿 南大門 



南大門手前の参道に「東大寺境内案内図」がありました。東大寺は見るところもさることながら、境内がかなり広いので位置情報はとてもかなり有効です。いろんなブログで東大寺の回り方が紹介されていますので、そう言うのも参考にされてもいいかなぁと思います(^^)/

東大寺大仏殿 境内案内図 



東大寺南大門の説明板がありました。

東大寺大仏殿 南大門説明板 

「東大寺南大門 国宝 五間三戸二重門入母屋造、木造、本瓦葺、鎌倉時代
 東大寺の正門で、東大寺伽藍の大半が治承四年(1180)の平重衝の兵火に罹って、焼失した。後に行われた復興造営の一つとして建てられた。
 大勧進の職に就いて復興造営の総指揮を執った俊乗房重源上人が、宋朝建築の特色を採り入れて編み出した、大仏様の建物で正治元年(1199)六月に上棟されており、その後数年を経ずして落成したと考えられる。
 門内に安置されている木像金剛力士(仁王)像は運慶・快慶・定覚・湛慶等二十名の慶派の仏師たちが、建仁三年(1203)に僅か、六十九日間で造り上げたものである。
 北向に安置されている一対の石造獅子像は、鎌倉復興造営に参画した宋人の石工達が建久七年(1196)に造ったものである。」 と書かれていました。



南大門に安置されている金剛力士像は建仁三年(1203年)運慶、快慶、定覚、湛慶の制作となります。写真は南大門の西側にいます金剛力士像の「阿形像」です。

東大寺大仏殿 阿形像 



南大門の東側にいます金剛力士像の「吽形像」です。高さ8.4mある巨大木像は阿形、吽形共に国宝となります。

東大寺大仏殿 吽形像 



南大門をくぐり、参道正面に大仏殿がうかがえます。奈良公園の鹿が普通にあちらこちらにいるのが見て取れます。

東大寺大仏殿 参道 



参道右手に東大寺本坊の門がありました。東大寺ほどの寺院になると、中に寺務所も有り、本坊の敷地もかなり広いです。

東大寺大仏殿 本坊門 



「二月堂参詣道」この道を行くと二月堂に行けるんですよね~ 二月堂の模様は3、4回くらい後のブログで紹介しま~す!

東大寺大仏殿 二月堂参詣道 



本坊門を過ぎたあたりに、「鏡池」がありました。中央の小島には厳島神社があるそうです。

東大寺大仏殿 鏡池 



大仏殿の目の前にある「中門」です。朱色に塗られた楼門は国の重要文化財となっています。
中門以降の建造物、仏像等の概要は東大寺のホームページでお確かめください(^^)/

東大寺大仏殿 中門 



中門の両脇には回廊がのびており、大仏殿までコの字に続いています。

東大寺大仏殿 回廊 



中門からは中に入れませんが、柵の隙間から大仏殿を撮影しています。平日にもかかわらず、人の多さに圧倒されまくりです(^^;)

東大寺大仏殿 回廊から大仏殿 



南西にある回廊の入堂口で拝観料600円を払い中に入ります。回廊南西より

東大寺大仏殿 南西より大仏殿① 



大仏殿正面の参道以外は芝生となっていて、立入禁止なのでスッキリした景色で撮影できました。大仏殿は大きさが日本一で有名だとは思うんですが、それ以上に美しい形をしてるから人気があるんでしょうねぇ(^^)/

東大寺大仏殿 南西より大仏殿② 



人が多いなぁ。。。大仏殿正面はやっぱりこんな感じですかねぇ…(^_-)

東大寺大仏殿 正面① 



写真撮ってこなかったんですが、真ん中にある緑色の「金銅八角燈籠」は国宝らしいです。
手前の手水舎にて身を清めて、いよいよ大仏様にお目にかかります。

東大寺大仏殿 正面② 



入口上の唐破風の屋根がかなり高い位置にあるんだけど…何でだろう?

東大寺大仏殿 大仏殿入口 



教科書で習った「奈良の大仏」さんですね~(^^)/ 小学校の修学旅行依頼だから40年ぶりのご対面になりました。正式には「盧舎那仏像」で、東大寺大仏殿の本尊になります。もちろん国宝です。

東大寺大仏殿 大仏正面 



大仏の足下にあった、台座の蓮ですかね? これ見ただけで大仏の大きさが想像できますね~!

東大寺大仏殿 蓮 



教科書に載ってそうな、良い感じで撮れました~(^^)/ 後ろの後光にいる仏像でも普通くらいの大きさあるんじゃないの~~!? 

東大寺大仏殿 大仏左① 

東大寺大仏殿 大仏左② 



大仏の左側にいます「虚空蔵菩薩坐像」です。こちらも大きいですね~!
大仏様を中心に、両サイドに金ピカの仏像さまがおられますが、両方とも国の重文です。

東大寺大仏殿 大仏と虚空蔵菩薩 

東大寺大仏殿 虚空蔵菩薩 



虚空蔵菩薩坐像の更に左奥には「廣目天立像」がございました。

東大寺大仏殿 廣目天 



大仏様の裏側には大仏殿の模型がありました。写真は創建当初の復元模型になります。大仏殿が微妙に違ってますね~! 境内案内図に東塔・西塔跡がありましたが、当時は100m超えの7重塔があったんですか???

東大寺大仏殿 模型 



右奥にあるのは「多聞天立像」です。どれを見てもホントに素晴らしいです。

東大寺大仏殿 多聞天 



大仏様の右側には「如意輪観音坐像」が鎮座しておられました。

東大寺大仏殿 大仏と如意輪観音 



中の拝観を終えて、南東の回廊から大仏殿を見ています。

東大寺大仏殿 南東から大仏殿① 

東大寺大仏殿 南東から大仏殿② 



大仏殿内の如意輪観音前の売店で御朱印帖を購入し、御朱印を書いていただきました~(^^)/

東大寺大仏殿 御朱印帳 

東大寺大仏殿 

場所:東大寺(大仏殿)



にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
よければポチッとお願いします(^^)/

[PR]

この記事と関連する記事

古都奈良の世界遺産① 東大寺大仏殿

奈良県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「古都奈良の世界遺産② 東大寺俊乗堂・行基堂・念仏堂

BEFORE「犬山七福めぐり 満願 龍済寺

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top