FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2018 08/15

三重の御英霊を祀る三重県護国神社


松阪城跡から始めました、三重県松阪市・津市の御朱印詣でも最後となります。前回の初馬寺から徒歩5分、津駅の西側にあります三重県護国神社』(みえけんごこくじんじゃ)に行きました(^^)/

駅近で交通量のある通りに面した場所に「三重縣護國神社」と旧字体で書かれた社号標がありました!

三重県護国神社 社号標 



鳥居は銅板で仕上げられており、緑青がいい味を出しています。

三重県護国神社 鳥居 



鳥居をくぐり、左手に手水舎がありましたので、身を清めます。

三重県護国神社 手水舎 



参道はコンクリートで固められています。広い境内の奥に鎮座するのが拝殿です。

三重県護国神社 参道 



拝殿まわりは工事の足場が架けられています。「御創祀百五十年記念事業」の一環として工事をされているようです。

三重県護国神社 参道、拝殿 



境内右手には慰霊碑がありました。写真右側の石碑(石柱)が「歩兵第151聯隊慰霊碑」、次が「歩兵第133聯隊慰霊碑」、次が「歩兵第51聯隊慰霊碑」になります。

三重県護国神社 英霊碑 



拝殿正面です。拝殿前には一風変わったブロンズ製の狛犬がいました(^^;)
御祭神は三重県出身の国事殉職者六万三百余柱の御英霊となります。

三重県護国神社 拝殿 

三重県護国神社の由緒は

「御創祀は明治二年、津藩主藤堂高猷公(とうどうたかゆきこう)が津八幡宮に小祠(しょうし)を建て、戊辰の役(ぼしんのえき)で戦死した藩士の御霊を祀り、「表忠社(ひょうちゅうしゃ)」と称したのが始まりです。
 以来「招魂社」「官祭招魂社」と社名を変え、明治四十二年には現在地に御遷座(ごせんざ)し、昭和十四年に現在の社名「三重県護国神社」となりました。
 しかし、昭和二十年の空襲で本殿・神饌所(しんせんしょ)を残し建物を焼失、また戦後の連合国による占領下においては「三重神社」と改称しなければならない時期もありました。
 昭和二十八年、日本の独立を期に再び「三重県護国神社」とし、同三十二年には、本殿等を新たに御造営復興し、その後数度の改築・新築を行い現在に至っています。」




拝殿にてお詣りをさせていただきました<(_ _)> 
奥の本殿は見てくるの忘れました…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

三重県護国神社 拝殿前 



お詣りが終わり、社務所の御朱印受付にて御朱印を依頼しました(^^)/

三重県護国神社 社務所 



境内の南西側にある、三重県護国神社の参集殿になります。この右側に社務所がありました。

三重県護国神社 参集殿 



御朱印はリニューアルしたみたいです。グリーンの狛犬が増えてます!
三重県護国神社 

場所:三重県護国神社



にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
よければご協力お願いします<(_ _)>
[PR]

この記事と関連する記事

三重の御英霊を祀る三重県護国神社

三重県

スレッドテーマ : 神社・仏閣巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「西美濃三十三霊場の月桂院

BEFORE「聖徳太子厄除祈願所の初馬寺

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top