FC2ブログ

藤堂高虎公を祀る高山神社


津城跡に続いては、お城公園の南に位置する『高山神社』(こうざんじんじゃ)に行きました(^^)/
津城跡側から参道入口がありました。

高山神社 城側入口 

「藩祖高虎公を祭神とし、社名はその諡号(おくり名)に由来する。明治十年に下部田両社八幡社境内に創始され、その後津城跡本丸内を経て、戦後現在地に遷された。」

と石碑の裏に書かれていました!



入口(南側)には石製の鳥居と「高山神社」と刻まれた社号標がございました。

高山神社 鳥居、社号標 



境内参道は砂敷きとなっていました。参道両脇は緑に溢れた植樹帯となっていました。

高山神社 境内参道 



右手に手水舎がありました。水盤は鉄製?で藤堂家の家紋が入っています。
身を清め、お詣りに備えます。

高山神社 手水舎 



社殿(拝殿)の全景になります。主祭神はもちろん藤堂高虎です。

高山神社 拝殿 

高山神社の由緒は

「江戸時代、藤堂家では高虎の神霊を津城内で祀っていました。
 明治維新後、明治10年(1877)下部田村の両社八幡社境内に神祠が設けられました。藤堂家の山荘内、現在の津偕楽公園にありました。
 明治34年(1901)高虎以来、歴代藩主の居城であった津城本丸跡に仮遷座。明治36年(1903)本殿が落成し、正遷宮式が執り行われました。
 明治41年(1908)には、下部田の両社八幡社(無格社八幡社)が高山神社の境内に遷座合祀しました。
 昭和20年(1945)津市大空襲により社殿が焼失。翌21年(1946)再建されますが、昭和44年(1969)には公園整備のため、本丸跡から南西方向の内堀埋立地の現在位置に移されました。」



拝殿前にてお詣りをさせていただきましたm(_ _)m
金文字、金枠の豪華な扁額には高山神社と書かれていました。

高山神社 拝殿前 



屋根の形は神明造りの本殿です。拝殿もそうでしたが、やっぱり本格的な物を造るなら木造でお願いしたいものです。。。(^^;)

高山神社 本殿 



境内社の城山稲荷神社です。

高山神社 境内社 



社務所前の境内広場からの境内全景です。
社務所にて御朱印を書いていただきました~(^^)/

高山神社 社務所 



広場の隅っこにあったのは、文化財の説明版でした!
工芸の津市指定文化財となっている、安本光政による彫刻画絵馬の説明です。作者の安本光政は、江戸時代末期から明治時代にかけての人形彫刻の名手で、この絵馬は彼の作品の中でも他に類を見ない力作であるようです。

高山神社 文化財説明板 



御朱印
高山神社 

場所:高山神社



ポチっとお願いします(・∀・)ゞ 
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

「広告」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akino1942

Author:akino1942
たぶん、結構忙しい人です
(ゝω・)テヘペロ

ボクのウラの顔がここで見られるかも~wヽ(・∀・)ニヤ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サブカテゴリ
PR
検索フォーム
リンク
PR
PR
PR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
ブログランキング
PR
アクセスカウンター
ブログランキング
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ