FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

2017 11/14

世界遺産の龍安寺


本日は1泊の旅行で京都の御朱印巡りに行ってきました~!
このブログから11回に分けて京都の神社仏閣を報告致しま~す(^^)/

まず最初に伺ったのは『龍安寺』(りょうあんじ)です!

このお寺は、平成6年(1994年)世界文化遺産に登録されました!


1時間無料の駐車場に車を停め、茶店を横目に見ながら拝観受付に向かいます!
拝観料大人500円を払い入場します!

まずは山門です!
さすが京都と言うか、、、世界遺産だからなのか、、、観光客がめちゃ多いです!

龍安寺 山門

しかも外国に来たんじゃないかと思うくらい不思議な光景です!
外国人が観光客の6割くらい占めてるんじゃないかな~?(^^;)



龍安寺の全体図があったのでパシャ!!
池もあり、かなり広い敷地となっているのがわかります!

龍安寺 案内図


池の周りの参道を通って寺務所に向かいます!

龍安寺 参道


寺務所手前に階段があり、下に龍安寺の縁起が書かれていました

龍安寺 縁起

「「石庭」として知られる枯山水の方丈庭園で有名な龍安寺は、
 室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった
 細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺である。
 初代住職として妙心寺8世(5祖)住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。
 義天玄承は師の日峰宗舜を開山に勧請し、自らは創建開山となった。
 
 龍安寺は、開基細川勝元らと守護大名山名持豊(宗全)らが争った
 応仁の乱(1467-1477年)によって焼失するが、 勝元の子の細川政元と
 4世住持・特芳禅傑によって、明応8年(1499年)に再興された。
 寺では特芳を中興開山と称している。
 その後、織田信長、豊臣秀吉らから寺領を付与されている。」

その横には「史跡及名勝 龍安寺方丈庭園」と書かれた石柱もございました(^^)/



階段を上った先に寺務所のある巨大な庫裡が現れました(。・∀・)ノ

龍安寺 庫裡


石庭拝観入口から中に入ります!

龍安寺 拝観入口


庫裡の通路にあった屏風画です!ここからいよいよ方丈に向かいます(〃▽〃)

龍安寺 庫裡内


まず、「方丈」とは何ぞや?(^^;)と思い、調べてみました♪

【禅宗寺院建築で本堂,客殿,住職居室を兼ねるもの。】とあり、
ここでは本堂のような感じだと思われます!



方丈の南にある「方丈庭園」です!

方丈庭園(史跡・特別名勝)は、 いわゆる「龍安寺の石庭」で有名です!

この石庭は、どの位置から眺めても必ずどこかの1つの石が見えないように配置されていることで有名です(≧∇≦)ノ

龍安寺 方丈庭園



方丈を西に行くと仏殿へ行く通路がありましたが、立入禁止でした(^_-)

龍安寺 仏殿通路



方丈北側には銭形の「つくばい」があります!
水戸藩主徳川光圀公の寄進によるものと伝えられているそうです!

龍安寺 つくばい



これは日本最古の「侘助椿」と言われています(^^)/

龍安寺 侘助椿



方丈内部の襖絵「臥龍梅」です!パンフレットには非公開とあったんですが…( ̄▽ ̄;)

龍安寺 方丈襖絵


寺務所にて御朱印をもらって外に出たすぐの所にある「勅使門」です!
本来はここから入ると方丈庭園に一番近いのかな?

龍安寺 勅使門


方丈庭園の北側通路から、ちょっと見えるのは方丈の屋根だと思います!

龍安寺 方丈屋根


「鏡容池」(きょうようち)です!西側からの全景です
ここを中心とする庭園が(国の名勝)になっています!

龍安寺 鏡容池


「鏡容池」の南側から見えた建物は「大珠院」みたいです(^^;)
ここも拝観コースには入っていないので見られませんでした…

龍安寺 大珠院


ここはどこからも建物の全景が写真に収められない!(-_-)という変わった場所でした…


最後に、最初に通った茶店で一服(〃▽〃)

「ゆばまん」と「お団子」を美味しく頂きました(^^)/

龍安寺 ゆばまん


「石庭」と書かれた御朱印でした~(^^)/

龍安寺


場所:龍安寺


[PR]

この記事と関連する記事

世界遺産の龍安寺

京都府

スレッドテーマ : 寺社巡り ジャンル : 旅行

(0)TB(0)

AFTER「世界遺産の金閣寺(鹿苑寺)

BEFORE「松尾芭蕉ゆかりの妙照寺

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top