FC2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

[PR]

「寺院 御朱印」のカテゴリを含む記事

[愛知県] 岩倉市に鎮座する観音霊場 龍潭寺

愛知県江南市の常観寺を後にして次に向かったのは、江南市からは南に位置する愛知県岩倉市にある『龍潭寺』(りゅうたんじ)となりました。まずは、東側にありました専用駐車場に車を停めます。西へ歩いて行くと、線路(名鉄犬山線)がある踏切手前に寺号標がある入口に出ました。寺号標には「格地 龍潭禅寺」と刻まれています。格地とは曹洞宗で「結制安居を1年に一会以上修行することのできる寺院」とのことです。線路側には小さい...

[愛知県] 江南市のお釜地蔵尊 常観寺

若宮八幡宮のお詣りを済ませ、南に2キロの場所にある『常観寺』(じょうかんじ)に行きました。車は山門横の道路空地に停め、歩いて入口の前に来ました。寺号標には「御釜地蔵尊 常観寺」と刻まれています。石畳の参道の突き当りに山門が見えます。山門は楼門になります。写真は撮りませんでしたが、楼門の格子の中は阿吽の仁王像ではなく、お釜地蔵の脇侍として祀られている童子がお守りしています。「常観寺お釜地蔵尊」と書かれ...

[愛知県] 歴代徳川氏の位牌がある菩提寺 大樹寺

伊賀八幡宮からは、更に北へ1㎞程の場所にある『大樹寺』(だいじゅじ)に行きました(^^)/ 山門東側にある駐車場に停め、南側の道路に出て南東より山門を見ています。正式には山門→三門みたいです(^^;)岡崎市立大樹寺小学校の入り口前から撮った「大樹寺三門」正面全景です。本瓦葺き入母屋造りの楼門で、寛永十八年(1641)に徳川家光が建立しています。両脇に山廊が付き豪華に見えます。三門内には立ち入ることができませんが、三門...

[愛知県] 絵入り御朱印でおもてなし 密蔵院②

前回に続いて春日井市熊野町の『密蔵院』(みつぞういん)になります(^^)/今回は前回紹介できなかったその他の部分をメインに紹介していきます。前回ブログも併せてご覧下さい。まずは宝物収蔵庫の北東側に、春日井市指定文化財の「山王社」がありました。山王社の左側(西側)には「宝蔵」があります。密蔵院さんは、本尊が国の重要文化財になっているなど、県指定や市指定も多くありますので、この中に収蔵されているんでしょうか?...

[愛知県] 絵入り御朱印でおもてなし 密蔵院

岐阜県多治見市の白山神社に続いては、国道19号を西に向かい春日井ICから東名高速道路にのる前にちょっと寄り道して行きました『密蔵院』(みつぞういん)です。(^^)/境内の東側にある駐車場に車を停め、南側の入口にある「総門」前に来ました。総門の右手にある寺号標には「天台宗医王山薬師寺密蔵院」と刻まれています。山号は医王山、寺号が薬師寺、院号が密蔵院で正式名称は「医王山薬師寺密蔵院」となります。天台宗の寺院です...

[愛知県] 名古屋市北区の厄除薬師 修善寺

羊神社の参拝に続いては、お隣にあります『修善寺』(しゅぜんじ)です(^^)/行く予定はなかったんですが、チラッと覗いたら「御朱印」のノボリが見えましたので伺っちゃいました(;^ω^)山門前の入口参道は欄干まで石製で綺麗に造られています。山門はまだ新しそうです。今回は突然の訪問でしたので、お寺の情報が全くありません(^^;)  写真でわかる範囲でお伝えします。寺号碑には「如法山修善禅寺」と刻まれています。山号は如法山→...

[愛知県] 甚目寺の恵比寿大黒天を祀る 大徳院

甚目寺観音、漆部神社に続いては、甚目寺の道路挟んで東側にある『大徳院』(だいとくいん)に寄りました(^^)/南側の薬医門である山門から中に入ります。建造はまだ新しいようですが、桟瓦の先一枚ごとに"○大"と入っています。山門の右側には「恵比寿大黒殿 大徳院」と刻まれた寺号標があります。山号は鳳凰山と聞きましたので、甚目寺の塔頭なのかな?(確認はできていませんが(^^;))真言宗智山派の寺院となります。山門の扉に彫...

[愛知県] 尾張四観音の一つ 甚目寺観音

今年に入り、初詣として最初に伺いましたのは『甚目寺』(じもくじ)です(^^)/東海地方にお住まいの方なら良く耳にする「甚目寺」ですが、"愛知県あま市甚目寺"の地名は所在する甚目寺によるものとなります。最初に目にしますのは、「南大門(仁王門)」です。こけら葺き入母屋造りの楼門で、鎌倉時代初め建久七年(1196年)の建築となります。国の重要文化財に指定されています。南大門の仁王像(金剛力士像)です。仁王像は運慶作と伝え...

[石川県] 加賀市山代温泉の守護寺 温泉寺

山中温泉医王寺の参拝後は、北に5㎞の場所にある山代温泉の『温泉寺』(おんせんじ)に行きました(^^)/ 写真は明治時代の総湯を復元し、外観や内装だけでなく、入浴しながら温泉の歴史や文化が楽しめる加賀山代温泉の「古総湯」です。新たな「総湯」もこの建物の向こう側にあります。総湯側に歩いて行くと、道路沿いに「山門」が見えてきました。寺号碑に「花山法皇勅願所 山代温泉守護」と書かれています。その下には「霊方山薬王...

[石川県] 加賀市山中温泉の守護寺 医王寺

今回は石川県加賀市の山中温泉へ1泊旅行に行きました。このブログでの石川県の登場は初めてになります。まずはすぐ近くにある『医王寺』(いおうじ)にお参りしてきました(^^)/入り口前には大きな黒い看板があります。山号は国分山、寺号が医王寺、高野山真言宗の寺院になります。山門の手前に沿革看板がありました。「寺伝によると、聖武天皇 天平年間(729~748)僧行基が開基したものと伝えられている。承永年間(931~937)兵火に焼...

[京都府] 浄土宗大本山 金戒光明寺 アフロ仏と三重塔

前回に引き続いて3回目の紹介になります『金戒光明寺』(こんかいこうみょうじ)です(^^)/ 阿弥陀堂のお参り後、前回ブログの2枚目写真にありました「納骨堂」にお参りしました。納骨堂は元禄二年(1689)に経蔵として建立されましたが、平成二十三年(2011)に大修理され納骨堂となったようです。本尊は納骨された骨によって造られた阿弥陀如来像です。納骨堂の横に何やらおもしろい絵が描かれた看板がありました。これは近年「アフロ...

[京都府] 浄土宗大本山 金戒光明寺 方丈諸堂と庭園

金戒光明寺山門を過ぎると、正面に「御影堂(大殿)」が見えてきました(^^)/ 今回は『金戒光明寺』(こんかいこうみょうじ)の特別拝観の内容をお伝えします。って言っても内部は写真撮影禁止なのであまり写真はありませんが…(^^;)御影堂は昭和十九年に再建されたもので、内陣の正面には法然上人の御影(坐像)が泰安されています。秋の特別拝観中と言うこともあって、かなりの人で混み合っていました。。。参道石段の右手には「納骨堂」で...

[京都府] 浄土宗大本山 金戒光明寺 山門

宗忠神社を後にして、真正極楽寺の入口まで戻ってきました。左(南)に曲がり最初の交差点に『金戒光明寺』(こんかいこうみょうじ)の北門に着きました(^^)/北門から境内に入ると、境内全景図がありました。境内図を確認すると入口(正門)に「高麗門」がありましたので、そちらから回って入ることにしました。境内の西南にある「高麗門」です。「円光大師霊場」と石碑に刻まれているのは、金戒光明寺の開基である法然上人(ほうねんしょ...

[京都府] 洛東の隠れ寺 紅葉の真如堂 真正極楽寺

慈照寺(銀閣寺)を後にして、次に訪れたのは『真正極楽寺(真如堂)』(しんしょうごくらくじ(しんにょどう))です(^^)/入口から総門までの参道は石畳となっており、とても綺麗に整備されています。総門前の紅葉(もみじ)がとても綺麗に映えています。あまりに綺麗なのでたくさんの人が写真に収めるために立ち止まっていました(^^;)総門前の参道右手に寺号標がありました。上の方が紅葉にかぶって見えませんが「天台宗 真正極楽寺 真如堂...

[京都府] 古都京都の世界遺産銀閣寺 慈照寺

弥勒院から哲学の道を200m程北に行くと、右手に銀閣寺参道に入ります。続いては当初の目的地でした『慈照寺(銀閣寺)』(じしょうじ(ぎんかくじ))です(^^)/ 銀閣寺は「観音殿銀閣」を含めた寺院全体の別称(通称)になります。お土産物屋さんがたくさん並ぶ銀閣寺参道を抜けると、総門手前の入口に着きました。ここから床が変わって、人が一気に増えます。入口の右手には寺号標がありましたが、「東山 銀閣寺」と書かれているのかな...

[京都府] 哲学の道と抹茶スイーツと弥勒院

若干タイトルに悩みましたが、、、禅林寺(永観堂)から次に向かうのは「銀閣寺」です(^^)/ の予定で、熊野若王子神社手前の若王子橋から始まる「哲学の道」に入りました。右手を山にして、小川に沿って北へ歩いて行きます。永観堂を出てから雲も切れてきて晴れ間がのぞいてきました。何故「哲学の道」と言われるようになったのか?由来を調べてみると、大正時代に京都大学の哲学者が散歩したことから名付けられたよう。「哲学の道」を...

[京都府] もみじの永観堂 禅林寺

今年(2019年)2度目の京都となりました、目的はズバリ「紅葉」です。紅葉が綺麗だという「哲学の道」をターゲットに、その付近の神社仏閣を見てきました~(^^)/まず最初に、平安神宮南にある岡崎公園の地下駐車場に車を停めて、歩いて『禅林寺(永観堂)』(ぜんりんじ(えいかんどう))に行きました。入口にはガードマンがたくさんおり、「ここでは撮影するな!」と促され、歩きながら何気なく撮りました(^^;)総本山永観堂と書かれた石...

[岐阜県] 美濃加茂市の不動尊 大徳院

美濃金山城跡に続いては、帰りの道中にありました美濃加茂市の『大徳院』(だいとくいん)に寄りました(^^)/小高い丘の上にある当寺は、階段の下に写真のような看板が出ていました。「清開山 大徳院 東海三十六不動 第三十四番」と書かれています。山号は看板の通り「清開山」(せいかいさん)で、東海三十六不動尊霊場の一つになっています。天台宗門宗の寺院です。寄った時間がもう16時を過ぎていたため、山道の参道はかなり暗く街頭...

[福井県] 東大寺の大仏を超える越前大仏 清大寺

永平寺を後にして、次に向かったのは勝山市片瀬にある『清大寺』(せいだいじ)に行きました(^^)/ 清大寺って?と言われる方もおられると思いますが、まだ『越前大仏』(えちぜんだいぶつ)の方が知っている人も多いかな?(^^;)まずは、清大寺建立の経緯をパンフレットより「昭和62年5月28日奥越・勝山の地に落慶した大師山清大寺は、大実業家故多田清翁が、当時成功立身出世できた恩に報いるため、財を投げうって父母祖先の眠るこの...

[福井県] 曹洞宗の大本山 永平寺②

前回に引き続いて、福井県吉田郡永平寺町にある『永平寺』(えいへいじ)後半です(^^)/ 前回の「法堂」に続いては、「承陽殿」(じょうようでん)から紹介です。永平寺でもっとも神聖な場所と言われる所です。入口横の説明板には「承陽殿(道元禅師の御真廟) 明治14年の改築で、正面壇上奥には御開山道元禅師(承陽大師)、本山第2世懐奘禅師の御尊像と御霊骨が泰安され、さらに本山3世、4世、5世、並びに螢山禅師の御尊像をお祀りして...

[福井県] 曹洞宗の大本山 永平寺①

今回は初めて福井県の御朱印巡りに行ってきました。福井県に行く場合、最初に行く寺院は紅葉の季節の『永平寺』(えいへいじ)と決めていました。(^_^)v11月の終わりでしたが、紅葉真っ只中となりとても良い拝観ができました。写真の枚数が多いので前・後編に分けて紹介したいと思います。前編は御朱印がありませんのであしからず(^_-)まずは駐車場前にありました、道路沿いにある巨大な灯籠です。灯りの横に狛犬まで付いています。...

[愛知県] 尾張徳川家の菩提寺 建中寺

続いては、物部神社からは歩いて5分程の場所にある『建中寺』(けんちゅうじ)に行きました(^^)/ まずは建中寺公園の南にあります、建中寺「総門」です。慶安五年(1652)の建立で、名古屋市の有形文化財に指定されています。三間ある大きな薬医門で、本瓦葺き切妻造りになります。総門の左手、築地塀の前に「徳興山建中寺」と刻まれた寺号標があります。建中寺は浄土宗の寺院になります。大きな公園の真ん中に石畳の参道がありますが...

[滋賀県] 抹茶スイーツと名勝庭園がある青岸寺

今回の滋賀県米原市御朱印巡りの最後は、蓮華寺から4km西にあります『青岸寺』(せいがんじ)に行きました(^^)/入口手前にありました駐車場に停め、参道入口に来ました。入口には「名勝 青岸寺庭園」(たぶん(^^;))と刻まれた石碑があります。「青岸寺庭園」の説明板には「青岸寺は、600余年前佐々木道誉によって創建され、江戸の初めに井伊家により再興され禅刹(曹洞宗)となりました。山麗を利用した回遊式枯山水の庭園は国指定の...

[滋賀県] 聖徳太子の開基と伝わる蓮華寺

山津照神社に続いては、米原市番場にあります『蓮華寺』(れんげじ)に行きました(^^)/ 写真は参道入口になります。左手に「史蹟 蓮華寺」と刻まれた寺号標があります。道の突き当たりに蓮華寺がありますが、その手前には高速道路の高架が見えます。聖徳太子によって開基した寺と伝わり、当初は寺号を法隆寺と称しました。歴代天皇の信仰も厚く、花園天皇(1308~18)家紋として菊花紋を賜ったそうです。道路右側には、「瞼の母番場...

[愛知県] 小牧市南外山にある妙蔵寺

本日最後は、妙楽寺より西に100m程のところにあります『妙蔵寺』(みょうぞうじ)に伺いました(^^)/ 前面道路付きの駐車場に車を停め、道路より入口を見ています。入口中心には、鉄筋コンクリート造で造られた白壁の山門と、左に「南無妙法蓮華経」と刻まれた石碑と右に寺号標がありました。寺号標には「日蓮宗 四高祖 妙蔵寺」と刻まれています。「「尾張四高祖」(おわりしこうそ)とは、中老僧 日法聖人によって一木四体に彫られ...

[愛知県] 小牧市南外山にある妙楽寺

続いては妙林寺から2.5km南、小牧市南外山にある『妙楽寺』(みょうらくじ)に行きました(^^)/ 入口前道路の向かいにある駐車場に車を停め、駐車場側から見た入口全景です。入口右手には「日蓮宗 妙楽寺」と刻まれた寺号標がありました。山号がありませんが、調べたところ「誦経山」(じゅきょうさんと読むかは不明)です。今回は当寺院にまつわる詳しい事が全くわかりませんでしたので、撮ってきた写真でわかることをお伝えします。...

[愛知県] 「こまきの大黒さん」鐘つき大黒天像のある妙林寺

間々観音を後にして、次は東に3km程向かった先にある『妙林寺』(みょうりんじ)に行きました(^^)/山門はなく境内前面はフルオープンで、中に車を駐車させていただきました。東角にある寺号標には「日蓮宗 大黒天総本山 妙林寺」と刻まれています。山号が書かれていませんが、法栄山になります。日蓮宗の総本山は夏に伺った久遠寺(山梨県)ですので、大黒天の総本山と言う意味なんでしょうね?(^^;)境内の西側に鎮座しています「大黒...

[愛知県] 日本唯一のおっパイ観音 間々観音 龍音寺

小牧山の小牧山城に続いては、小牧山のすぐ北の小牧市間々本町にある『龍音寺(間々観音)』(りゅうおんじ(ままかんのん))に行きました(^^)/手前の大通り沿いにあるファミマでおにぎりを食べ、入口の山門前に着きました!山門です。山門屋根は本瓦風の銅葺きで、緑青がいい味を出しています。のしや降り棟に金色で徳川葵の紋が光っています。だけど、入口幕に梅があしらわれた見たことのない家紋(寺紋)がありますが。。。これはなんだろ...

[長野県] 日本のアルプス上高地と穂高神社奥宮②

前回に続いて、『穂高神社奥宮』(ほだかじんじゃおくみや) の明神池と、『上高地』(かみこうち)を紹介していきます(^^)/穂高神社奥宮のお参りをさせていただき、社務所にて「明神池」へ拝観の為、拝観料大人300円を納めて参拝に行きます。ついでに御朱印を書いてもらうため、御朱印帳を預けます。社務所の裏には、前回報告した由緒にありました「龍頭鷁首」(りゅうとうげきしゅ)が祀られていました。龍頭鷁首は天子や貴族など地位...

[長野県] 日本のアルプス上高地と穂高神社奥宮①

今回は朝4:30に起きて、かねてより行きたかった長野県松本市にある『上高地』(かみこうち)に行きました(^^)/ とりあえず目的地を『穂高神社奥宮』(ほだかじんじゃおくみや)にして、とにかくウォーキングで上高地を堪能してきました~♪当然ながら上高地は乗り入れが禁止されていますので、まずは岐阜県側にある「あかんだな駐車場」まで自家用車で行きます。そこからはバスに乗って停留地のある大正池で降ります。ここから歩いて穂...

Top