fc2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

[PR]

「神社 御朱印」のカテゴリを含む記事

[岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 かえる神社

飛騨高椅神社に続いては、同じ下呂温泉合掌村施設内にあります、『かえる神社』(かえるじんじゃ)です(^^)/今回は資料となるものや、由縁・縁起などの説明板等何もありませんでしたので、写真から読み取った情報しかない事をご了承ください。飛騨高椅神社の向かい側に、施設内の「歳時記の森」への入口門があります。門は合掌村に見られる茅葺きにて世界観を壊さないように造られています。合掌村は下部の集落がある「合掌の里」と...

[岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 飛騨高椅神社

森水無八幡神社に続きましては、歩いて15分ほど東に向かった山の中腹にあります『飛騨高椅神社』(ひだたかはしじんじゃ)に行きました(^^)/当神社は、「下呂温泉合掌村」の中に鎮座しておりますので、まずは合掌村に入場します。因みに下呂温泉合掌村は岐阜県の白川郷(世界遺産)等から移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里です。大人個人800円の入場料を払い入場します。集落には「旧大戸屋住宅」など、国...

[岐阜県] 温泉の街 下呂市に鎮座 森水無八幡神社

3月後半にコロナのまん延防止解除を受け、日本屈指の温泉地である岐阜県下呂市に行ってきました。まずは、下呂市営駐車場(有料)に車を入れ、一番近くに鎮座していました、『森水無八幡神社』(もりみなしはちまんじんじゃ)に行きました。入口にある一の鳥居は石製の明神鳥居です。鳥居扁額と鳥居右手にある社号碑には「水無八幡神社」と刻まれています。調べますとその他に「森八幡神社」とも言うようで、どれが正式名称なのかわか...

[愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社2

前回に続き、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/前半では境内に入った所にある「神楽殿」で終了しましたが、その続きを紹介します。どうもいろんな情報を見ると、前回「神楽殿」と見解しましたが、あの後に猿投神社のリーフレットみたいな物を見つけまして、「拝殿」ってハッキリ書いてました。お参りする所がないから「拝殿」ではないと言う固定概念は捨てた方が良さそうなので、ここからは「拝...

[愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社1

今回は、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/ブログに上げるのに4ヶ月以上かかってしまいましたがご了承下さい<(_ _)>まずは、総門前にありました金色(黄色)の鳥居です。「一の鳥居」かと思ったんですが、Wikipediaによりますと、どうやら「二の鳥居」となるようです。。。 調べましたら「一の鳥居」はここから2㎞くらい南にあるようです…(^^;)二の鳥居をくぐると「籠川」が流れており、そこを...

[奈良県] 日本建国の地に鎮座する 橿原神宮

今回の奈良県最後は、飛鳥寺から北西におよそ4㎞の場所、橿原市にあります、『橿原神宮』(かしはらじんぐう)に行きました(^^)/入口前は広いスペースが取られており、右側にある駐車場に向かう道路の反対側から撮りました。入口左手の大きな社号碑には「橿原神宮」の正式名が刻まれています。高さ10mは超えるかと思われる「一ノ鳥居」は木製の明神鳥居になります。両脇に灯籠がズラ~っと並ぶ参道の巾はかなり広く、淡い色の砂利で...

[滋賀県] 近江八幡市安土町に鎮座 沙沙貴神社

安土城跡に続いては、今回の滋賀県近江八幡行脚最後となります『沙沙貴神社』(ささきじんじゃ)です(^^)/駐車場は右奥側に若干あり、砂利道を歩いて参道入口に来ました。入口には「沙沙貴神社」の銘が刻まれた社号碑と、大きな灯籠が両脇にあります。「神々しい鎮魂 沙沙貴の杜 近江百華苑」とある看板が入口にありますが、ここでは境内全域を百華苑として「干支の庭」で 十二支の石像、 初春の「蝋梅(ろうばい)」初夏の「ヒトツ...

[兵庫県] 姫路神社の境内社 寸翁神社

「姫路神社」に続いては、その境内社となります『寸翁神社』(すんおうじんじゃ)です(^^)/写真は前回の「姫路神社」の時にもUPしましたが、姫路神社拝殿の左側にもう一つの境内社「岩倉稲荷神社」があり、更にその左に「寸翁神社」が鎮座します。こちらも「姫路神社」の手水舎です。戻ってもう一度手を洗いました。境内にありました「鶴」でしょうか? 稲藁のようなものを利用して簡易的に作られていましたが、この神社での由縁な...

[兵庫県] 藩祖を祀る姫路城鎮護神社 姫路神社

男山八幡宮のお参り後は『姫路神社』(ひめじじんじゃ)に向かいました(^^)/水尾神社境内前の道を東に進むと姫路城の北側にあるお堀に出ました。お堀の橋を城側に渡り、そのままお堀沿いに進むと城郭の北東角に「姫路神社」がありました。境内の横を通り過ぎた所に看板がありました。境内周囲は玉垣で囲われており、入り口は格子の門が付いています。入口の左手に「懸社 姫路神社」と刻まれた社号碑があります。「姫路神社」は明治時...

[兵庫県] 姫路城十景の男山に鎮座する男山八幡宮

前回の千姫天満宮より更に高い場所にある『男山八幡宮』(おとこやまはちまんぐう)に続いて向かいます(^^)/山道の分かれ道の所に「男山八幡宮」の説明書き看板がありました。「男山(海抜五十六メートル)から眺姫路城の初日の出は、正に絶景である。当社は貞和元年(1345)国家の守護神、京都の男山石清水八幡宮より勧請された。 文明元年(1469)大改築の記録も残されているが、正徳六年(1716)三月十五日第丗三代榊原政邦は姫路城の守...

[兵庫県] 徳川家康の孫娘"千姫"建立の千姫天満宮

水尾神社に続いては、男山中腹にあります『千姫天満宮』(せんひめてんまんぐう)です。(^^)/下の写真は水尾神社入口より駐車スペースを挟んだ西側にありました石鳥居です。古そうな石鳥居の柱内側には「八幡宮」と刻まれておりますが、この男山には中腹にある「千姫天満宮」と、その更に上にあります「男山八幡宮」が鎮座しており、その八幡宮の名が刻まれていました。姫路城主松平直矩が寄進した「石鳥居」の説明板がありました。...

[兵庫県] 姫路城下十三町の氏神社 水尾神社

姫路城からは西へ歩くこと15分くらいでしょうか?城下町の古い街並みが残る場所にありました『水尾神社』(みおじんじゃ)です(^^)/男山を後ろに、山の麓に鎮座しております当神社には鳥居はなく門柱が建っておりました。右の「産土神徳」はわかるんですが、左の「萬生所頼」は意味不明です(^^;)最初の写真に写っていませんが、門柱の両横に灯籠がありました。灯籠には寛政十二年と刻まれており、西暦では1800年なので結構古いもので...

[兵庫県] 戦死した英霊を祀る 兵庫縣姫路護國神社

射楯兵主神社のお参り後は、姫路城の武家屋敷があった中曲輪内に鎮座しています『兵庫懸姫路護國神社』(ひょうごけんひめじごこくじんじゃ)に行ってまいりました~(^^)/入口右手に社号碑がありました。護国神社系は靖国鳥居が多いように思っていましたが、ここは石製の明神鳥居です。入口左手にあった昭和天皇御製の駒札がありました。「静かなる 神のみそのの 朝ぼらけ 世のありさまも かかれとぞおもふ」石畳の先が社殿(拝殿...

[兵庫県] 姫路城鎮護と縁結びの神様を祀る 射楯兵主神社

圓教寺に続いては姫路市内中心部に移動し、姫路城を横目に見ながら『射楯兵主神社』(いたてひょうずじんじゃ)に行きました。写真は2006年に再建された「総社御門」です。あまりに立派だったのでこちらが正門かと思ったんですが、やっぱり南口が正門でした(^^;)「総社門」は姫路城 中曲輪の南部に設けられた五城門の一つで、播磨国総社西門に至るところからその名称が付けられたそうです。朱塗りの楼門で千鳥破風と唐破風を付けて、...

[京都府] 織田信長を祀る 建勲神社

御霊神社に続いては、歩いて2km(約25分)西にあります『建勲神社』(たけいさおじんじゃ)に行きました(^^)/入口は東側道路に面した場所にあり、木製の大鳥居がありました。後ろに見える朱色の鳥居は末社の義照稲荷神社と命婦元宮の鳥居です。向かって右手にある社号碑には「建勲神社」と刻まれています。左手にあった立て札には神社の説明書きが書かれていました。「織田信長を祀る神社で、通称「けんくん」神社と呼ばれる。 天下を...

[京都府] 皇室より崇敬された 御霊神社(上御霊神社)

相国寺のお参り後は北に400mの場所にある『御霊神社』(ごりょうじんじゃ)に行きました(^^)/西側道路に面した入口が正門のようです。(南門もあります)御霊神社と刻まれた社号碑が鳥居の前にあります。御霊神社の由緒・歴史が書かれた看板がありました。カッコ書きで「上御霊神社」とありますが、正式名は先に書いた御霊神社です。京都御苑の南にある「下御霊神社」に対し、京都御苑の北にある御霊神社を上御霊神社と呼ぶようです。...

[滋賀県] 古都大津京跡に鎮座する近江神宮

今回は京都に程近い、滋賀県は大津市に行きました。旧東海道の道程にありながら大津宿もあり、とても歴史のある街なんですが、大津市は一度も訪れたことがなく、ワクワクしながらの御朱印拝受となりました。まず最初に伺いましたのは、『近江神宮』(おうみじんぐう)です(^^)/駐車場は二の鳥居近くにありまして、一の鳥居まで数百メートル戻ってきました。入口右手にある社号標には「近江神宮」と刻まれています。木製の大鳥居であ...

[静岡県] 学徳成就の守り神 縣居神社

五社神社・諏訪神社の参拝後は、一旦浜松城の駐車場へ戻り、車で約3km南にあります『縣居神社』(あがたいじんじゃ)に行きました(^^)/神社は小高い丘の上にあり、「灯籠坂」と呼ばれる急坂の先にある高木に囲まれた場所にあります。入口の右手植栽帯の中に「縣(県の旧字)社縣居神社」(けんしゃあがたいじんじゃ)と刻まれた社号碑があります。その横に由緒が書かれた説明板がありました。御祭神は賀茂真淵大人命となります。「当神社...

[静岡県] 浜松市に鎮座する五社神社・諏訪神社

浜松八幡宮に続きましては、『五社神社・諏訪神社』(ごしゃじんじゃ・すわじんじゃ)に行きました(^^)/ 一度、浜松城の手前の大通りまで戻り、今度は浜松城を通り越して城の南約500mの場所まで歩きました。浜松市の中心部に近いですが、境内は人もおらず静かにお参りできました。社号碑は「五社神社 諏訪神社」の文字が刻まれ、それぞれの神紋があります。後にあります由緒に書かれていますが、隣接して鎮座していた五社神社と諏...

[静岡県] 浜松城 鬼門鎮護の浜松八幡宮

浜松城の観覧後は、北東へ1.5kmの場所にあります『浜松八幡宮』(はままつはちまんぐう)に歩いて向かいました(^^)/タイトルにも書きましたが、徳川家康公は居城を岡崎より浜松へ移し、浜松城からは北東の位置、即ち「鬼門」の位置に鎮座する八幡宮を鬼門鎮守、鬼門降伏の氏神として信仰し度々参拝したそうです。南口となる参道入口には両脇に灯籠が2台、松並木の参道となっています。100m程参道を進むと道路が横切っており、その入...

[福井県] 敦賀市の"恋の宮" 金崎宮

続いては、『金崎宮』(かねがさきぐう)になります(^^)/前回紹介した金前寺の目の前にあります社号碑に「官幣中社金崎宮」と刻まれています。明治維新以降の神社制度で、「近代社格制度」の一つの社格で表しています。金前寺を過ぎた坂道の差し掛かりに「花換の杜 金崎宮 駐車場」の看板があり、更に登っていきます。金崎宮では桜の季節に「花換まつり」が行われ、男女が桜の小枝を交換することで思いを伝え「花換え」をしたカッ...

[福井県] 敦賀市 越前國一之宮 氣比神宮

今回は福井県敦賀市に出張でしたが、時間が余りましたので、越前國一之宮である『氣比神宮』(けひじんぐう)に伺いました~(^^)/西の道路側にある専用駐車場に停め、西の入口前に来ました。入口にある太鼓橋の左側に氣比神宮の縁起がありました。「主祭神氣比大神は神代から此の地に鎮り給うた大宝二年(702)勅に依り社殿の修営を行い仲哀天皇神功皇后を合祀した。日本武命をはじめ四柱神を別殿(四社の宮)に奏斎した。延喜武に「祭神...

[静岡県] 機織の神様を祀る 初生衣神社

浜名惣社神明宮に続いては、浜名惣社の入口鳥居から北へ300mの所にあります『初生衣神社』(うぶぎぬじんじゃ)です。近いので浜名惣社に車を置いたまま歩いて向かいました(^^)/入口は道路際からちょっと中にあり、木製の玉垣に囲われ道路際は高木に覆われています。入口の右側に由緒が書かれていました。「当社は往古より浜名神戸の地に鎮座、伊勢神明初生衣社または浜名斉宮とも称され、機織の祖神天棚機姫命を祭る。神服部家の旧...

[静岡県] 国重文の本殿を持つ 濱名惣社神明宮

曽許乃御立神社に続いては、浜松市でも西の方に位置する三ヶ日町にあります『濱名惣社神明宮』(はまなそうしゃしんめいぐう)に行きました。(^^)/舘山寺のスマートインターから東名で三ヶ日ICまで行き、更に西に6キロ程走りました。写真は境内の南にあります入口です。横断歩道の前にあるので道路標識まで写り込んでいますが、歩道がなかったので広角で撮ってやっと全体がわかるような感じでした。社号碑には「郷社 濱名總社神明宮...

[静岡県] 雷の神様を祀る 曽許乃御立神社

舘山寺に続きましては、東に2km程の場所に鎮座します『曽許乃御立神社』(そこのみたちじんじゃ)に行きました~(^^)/ 正直所見では全く読めませんでした…(^^;)車のカーナビで案内してもらうと、当然の如く本殿のある場所に着きました。ただ、いつものようにブログは入口から報告していますので、南の入口に歩いて向かったんですが、、、これが遠かった(´Д`)なんと500mも先にあるとはつゆ知らず、行って戻るだけで1kmも歩いちゃいまし...

[愛知県] 令和三年初詣 コロナ終息祈願 津島神社2

前回に続いて令和三年初詣時の、『津島神社』(つしまじんじゃ)になります(^^)/以前のブログ「尾張津島天王祭の津島神社」も併せてご覧下さい。前回は正門側からのご報告をさせていただきましたが、今回は東門からとなります。東側の大鳥居です。参道が正門より短いので、出店屋台も沿道にひしめきあっています。屋台の隙間から「津島神社」と刻まれた社号碑を撮らせていただきました(^^;)右側に出店屋台が集中していますが、この裏...

[愛知県] 令和三年初詣 コロナ終息祈願 津島神社1

もう3月も終わろうとしていますが、ようやく今年のお正月に行きました『津島神社』(つしまじんじゃ)の紹介です(^^)/前回訪問してから約3年半ぶりになりましたが、前回ブログを見返してみると写真の露出の甘さや、写真の少なさなど物足りないことが数多くあったので、今回は2回に分けて紹介したいと思います(^^)/まずは、前回は通ることもなかったので写真もありませんが、南に位置する正門側の鳥居になります。社号碑もあり、車も...

[静岡県] 掛川市 遠江国一宮 事任八幡宮

次に向かったのは、龍尾神社からは国道1号線を東に8㎞の所にあります『事任八幡宮』(ことのままはちまんぐう)に行きました(^^)/ "ことのまま" なんて皆さん読めます!? ボクは全く読めませんでした。。。(^^;)境内南側にある広い駐車場に車を停め、南側の入口に来ました。石段の上から境内になります。後から境内図が出てきますが、南側の入口は駐車場が南側に整備されてから出来たらしく、国道1号線沿いに社号碑のある入口があり...

[静岡県] 掛川城の守護神社 龍尾神社

掛川城に続いては、北東に1.5km程の場所にあります『龍尾神社』(たつおじんじゃ)に行きました。掛川城西側の大通りを真っ直ぐ北に進み、途中台湾料理のお店で昼食をとり、1時間程かけて西側の入口に到着しました(^^)/社号標には「龍尾神社」と正式名称が刻まれており、石段の手前にある一の鳥居は靖国鳥居でした。結構長い石段を上って行きます。石段の途中に手水舎がありましたので、身を清めてから上に行きます。石段を上がると...

[岐阜県] 高山市 飛騨國の八幡神社 櫻山八幡宮

飛騨総社を後にして、続いて向かったのは『櫻山八幡宮』(さくらやまはちまんぐう)です(^^)/300m程東へ歩くと宮川の堤防道路に出ました。橋の袂に白い大鳥居が見えました。巨大な大鳥居は、橋の幅を大きくまたいで建てられていました。大鳥居をくぐり参道を真っ直ぐ進むと、1本目の交差点に「櫻山八幡宮」と刻まれた巨大な社号碑が建っていました。更に真っ直ぐ参道を進むと、ようやく入口に着きました。入口右手には櫻山八幡宮の由...

Top