fc2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

[PR]

「滋賀県」のタグを含む記事の検索結果

[滋賀県] 近江八景 堅田の浮御堂 満月寺2

前回に続いて、滋賀県大津市本堅田にあります『満月寺浮御堂』(まんげつじうきみどう)をお伝えします(^^)/前回の最後に「浮御堂」の遠景で終わりましたが、手前にあるものを先にお伝えします。すごい形をした松の木の奥に、おみくじやお守りなどが売っているのが「授与所」です。日本遺産のノボリもありました。「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」とあります。お伝えしませんでしたが、ここの前に伺った琵琶湖畔にあ...

[滋賀県] 近江八景 堅田の浮御堂 満月寺1

白鬚神社に続いては琵琶湖を南下し、滋賀県大津市本堅田にあります『満月寺浮御堂』(まんげつじうきみどう)に行きました(^^)/この後ろ辺りに車を駐車場入れ、石畳でできた参道は東に向かっています。参道突き当たりには、松の高木を両脇に構えた山門がありました。山門の左手には「浮御堂」と刻まれた石碑があり、山門の右手には正式名称の「海門山満月寺」と書かれた寺号碑があります。山門は下層に漆喰塗りの袴腰を付けた竜宮造...

[滋賀県] 琵琶湖に浮かぶ大鳥居 白鬚神社2

今回も前回と同じく、滋賀県高島市鵜川にあります、『白鬚神社』(しらひげじんじゃ)の続きをお伝えします(^^)/前回の最後にお伝えした拝殿です。檜皮葺に棟だけ瓦葺きで仕上げているのが風変わりでいいです。軒先垂木が二重(ふたえ)になっていますが、上の地垂木から延びる飛簷垂木(ひえんだるき)が若干上に上がって勾配を変えることで、屋根の反りに反映される所が宮大工の技なんでしょうね~(^^;)向拝にてお詣りをさせていただき...

[滋賀県] 琵琶湖に浮かぶ大鳥居 白鬚神社1

今回は滋賀県高島市鵜川に鎮座します、『白鬚神社』(しらひげじんじゃ)に行きました(^^)/琵琶湖の西側(京都寄り)にあります当神社は、岐阜からは琵琶湖を周回しなければならず、遠くて行けずじまいな場所でした。長浜から福井方面に向かい、国道161号を南下してくると、国道沿いに神社はあります。ガードマンの誘導に従い、神社西側の駐車場に車を入れます。駐車場の端には、柱に「海上安全心願成就」と刻まれた永代常夜灯がありま...

[滋賀県] 勝運の神を祀る 阿賀神社(太郎坊宮)②

前回の続きで、今回は『阿賀神社(太郎坊宮)』(あがじんじゃ(たろうぼうぐう))の後半をお伝えします(^^)/参集殿に続いては「祭器庫」です。こちらは昭和十三年(1938)に国の登録有形文化財となっています。続いて唐破風の玄関が特徴的な「長楽殿」です。昭和五年(1930)に国の登録有形文化財となりました集会施設だそうです。長楽殿の前には阿賀神社にあります国の登録有形文化財建造物の目録と、前半に阿賀神社由緒が記載されていま...

[滋賀県] 勝運の神を祀る 阿賀神社(太郎坊宮)①

観音正寺に続いては、車で12km、約30分程度南にあります、『阿賀神社(太郎坊宮)』(あがじんじゃ(たろうぼうぐう))に行きました(^^)/正式名称は「阿賀神社」ですが、通称で「太郎坊宮」と呼ばれています。一般道となっている参道です。参道口はここから650m程南に行った所にあります。一の鳥居は参道口にありますので、こちらは二の鳥居です。石製の明神鳥居で、「太郎坊宮」と書かれた扁額が掛けられています。右手の社号標にも「...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の観音正寺②

前回の続きで、滋賀県近江八幡市安土町にあります、『観音正寺』(かんのんしょうじ)をお伝えいたします(^^)/そびえ立つ一本の御神木がありますが、こちらは白蛇大明神を祀る霊杉となります。杉の下には小さい祠があり、そこでお祀りしているようです。境内参道右手にあるこちらは「札堂」です。桟瓦葺き切妻造りの小堂で、昭和三年(1928)の再建ですが国の登録有形文化財に指定されています。礼堂の隣にありましたのは、「護摩堂」...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の観音正寺①

今回は今年(2023)の初めに初詣として行ってきました、滋賀県近江八幡市安土町の『観音正寺』(かんのんしょうじ)です(^^)/入口は琵琶湖の東岸、標高433mの繖山(きぬがさやま)の山頂南側、標高370m付近に位置する山腹になります。寺号標には「西國第卅二番 霊場 繖山 観音正寺」と刻まれており、西国三十三所観音霊場の第三十二番礼所とわかります。山号は繖山(きぬがささん)と読むようです。右側の看板は、聖徳太子遠忌1400年事...

[滋賀県] 近江國一之宮 建部大社

石山寺に続いて本日最後に訪れたのは、『建部大社』(たけべたいしゃ)です(^^)/境内より西に100mほどの所にある参道口に社号碑がありました。大きな社号碑には「近江國一之宮 建部大社」と刻まれ、近江国(現在の滋賀県域)の一之宮であることがわかります。社号碑と鳥居の間に境内図と由緒が書かれた案内板がありました。「社伝によると、景行天皇四十六年(316)に御妃布多遅比売命(ふたじひめのみこと)が神崎郡建部の郷(御名代の地)...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の石山寺② 御影堂~光堂

大津市の西国参詣に来てますが、『石山寺』(いしやまでら)の後半です(^^)/前回は「蓮如堂」までを見てきましたが、この段にある堂宇の最後は、檜皮葺宝形造の「御影堂」です。国の重要文化財となっています。「本堂の東、鐘楼の下にあるこの御影堂は、室町時代の建立で、正面三間、側面三間、宝形造、檜皮葺で、背面に一間の張出しを設けます。堂内は中央間後方一間を板壁で囲って内陣とし、内部の須弥壇には、弘法大師・良弁・淳...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の石山寺① 東大門~蓮如堂

大津市の西国参詣、正法寺(岩間寺)からはおよそ6km北西の場所にあります、『石山寺』(いしやまでら)に行きました(^^)/小さな山、一山が境内敷地となっている石山寺は、町名も付いているなど広大で、伽藍の数も多く、写真枚数もかなりの数になってしまったので、今回はかなり割愛しました。駐車場に車を駐めて、山門に向かう途中に境内図がありました。この境内図を見るだけでも敷地内にある建造物の数に圧倒されます。境内図の前に...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の正法寺(岩間寺)③ 不動堂他

前回に引き続き、滋賀県大津市にあります『正法寺(岩間寺)』(しょうほうじ(いわまでら))です(^^)/「本堂」のお参りを済ませ外に出ますと、正面に「夫婦桂」があります。木の前には「御本尊出現之霊木」と書かれた石碑もあります。その御霊木の由来として右端の石版に書かれていましたので記しておきます。「養老六年(722年)泰澄大師が元正天皇の勅を奉じて霊地を求め、この地に行脚された時、傍らの桂の大樹内より千手陀羅尼経が聞...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の正法寺(岩間寺)② 大師堂-本堂

引き続き、滋賀県大津市にあります『正法寺(岩間寺)』(しょうほうじ(いわまでら))です(^^)/前回は、入口手前の「ぼけ封じ近畿十楽観音」までとなりましたが、今回は入口から見ていきます。山門のない入口で両脇に鋳造製の仁王像が待ち構えます。境内参道を少し進んだ場所に今は使われていない手水舎がありました。その奥には「岩間寺集会所」と書かれた額がある休憩所兼客殿があります。玄関口に網が貼られているので普段は使用し...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の正法寺(岩間寺)① ぼけ封じ観音

今回は、時間が出来たときにしています西国三十三所の巡礼として、滋賀県大津市にあります『正法寺(岩間寺)』(しょうほうじ(いわまでら))に行きました(^^)/正法寺は滋賀県と京都府にまたがる岩間山(標高443m)の中腹にあり、山道を通って手前にある駐車場に車を駐めました。駐車場の入口に「西國 十二番岩間山」の寺号碑がありました。駐車場には入山受付があり、入山料500円を払い境内に進みます。後に見える大きな建物は「岩間寺...

[滋賀県] 近江八幡市安土町に鎮座 沙沙貴神社

安土城跡に続いては、今回の滋賀県近江八幡行脚最後となります『沙沙貴神社』(ささきじんじゃ)です(^^)/駐車場は右奥側に若干あり、砂利道を歩いて参道入口に来ました。入口には「沙沙貴神社」の銘が刻まれた社号碑と、大きな灯籠が両脇にあります。「神々しい鎮魂 沙沙貴の杜 近江百華苑」とある看板が入口にありますが、ここでは境内全域を百華苑として「干支の庭」で 十二支の石像、 初春の「蝋梅(ろうばい)」初夏の「ヒトツ...

[滋賀県] 織田信長築城も幻の城 安土城跡2

前回は安土城跡途中にあった「摠見寺」を報告しましたが、今回は『安土城跡』(あづちじょうあと)の続きを紹介します。摠見寺と重複する部分もありますがご容赦ください(^^)/まずは織田信長本廟の脇にあった「護国駄都塔」と書かれた石碑、説明がないので全くわからないんですが、塔と書かれていることからここに塔があったのかな?続いて「本丸跡」です。多分城址の中では一番広い場所かと思います。「天主台を眼前に仰ぐこの場所...

[滋賀県] 安土城郭内にある織田信長菩提寺 摠見寺

今回は、前回の「安土城跡」大手道途中にありました『摠見寺』(そうけんじ)です(^^)/当日は特別拝観(有料)を行っており、入口に木製看板で案内がありました。現存するこちらは仮本堂らしく、江戸時代末期に本堂焼失後、昭和七年「伝徳川家康邸跡」に仮本堂が建てられ現在に到っているそうです。入口前に「伝徳川家康邸址」と刻まれた石碑がありました。前述したようにこの敷地に仮本堂を建てています。摠見寺の特別拝観に進みます...

[滋賀県] 織田信長築城の幻の城 安土城跡1

近江八幡琵琶湖畔の「長命寺」に続いては、同じ近江八幡ですが湖からは少し内陸の安土山にあります『安土城跡』(あづちじょうあと)に行きました(^^)/写真は駐車場東から安土城跡山道入口と安土山の西側が写っています。舗装された入山口です。入口右手に安土城跡の説明板がありました。「安土城の築城は、織田信長が武田勝頼を長篠の合戦で打ち破った翌年、天正4年(1576)に始まります。築城にあたっては、畿内・東海・北陸から多く...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺③

前回の本堂に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の三仏堂から報告します(^^)/まずは、本堂のすぐ西側にありました「三仏堂」です。右側に「本堂」があり、渡廊下を介して「三仏堂」に繋がっています。「三仏堂」は檜皮葺き入母屋造りとなっており、三仏の名の通り、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来の三仏を祀っています。堂手前にあった説明板を撮ってきませんでしたが、下に書いておきます。「三仏堂」は滋賀県指定有形文化財...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺②

前回の三重塔に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の本堂を中心に報告します(^^)/まずは、三重塔手前北側にありました「護摩堂」です。檜皮葺き宝形造りで、朱色の躯体が手前の紅葉に合っています。(訪問は昨年の11月です)「護摩堂」は国の重要文化財となっています。「護摩堂は本尊不動明王、古来、天下太平宝祚延長長寿開運諸願成就を護摩祈祷する道場であり、慶長十一年(1606)に三重塔に続いて再建されたことが、露盤に銘打...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺①

今回は滋賀県近江八幡市に行ってきました。まずは、琵琶湖畔にあります『長命寺』(ちょうめいじ)です(^^)/参道前の道路からです。参道左側に駐車場がありますが、数台しか駐められないので山の中腹にある駐車場に駐めて、歩いて降りてきました。参道入口です。参道右手にあるのは「穀屋尼寺(コクヤアマデラ)」と言うそうです。特に長命寺とは関係がないようです。入口前の道路は左に行くと中腹まで車で行くことができます。石段手...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)⑥ 水観寺~護法善神堂

『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の観音堂参拝を終え、元来た石段を下に降ります。毘沙門堂があった通路を通り越し先に進むと『水観寺』(すいかんじ)がありました(=゚ω゚)ノ入口に寺号碑はなく、立て看板に「園城寺別所 水観寺」と書かれています。3回目に上げました「微妙寺」と同じく五別所のうちの一つのようです。又、西国薬師四十九霊場の第四十八番礼所となっており、本堂は県指定の有形文化財のようです。境内は入...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)⑤ 観音堂その2

同じ場所を長々とブログに上げさせていただいていますが、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の第5回目です。前回の観音堂その1の続きとなります(^^)/ 写真は観音堂(礼堂)の右斜め前からの全景です。向拝には大きな銅鑼(ドラ)が吊られていますが、賽銭箱のある場所は外陣の奥にありますので、中でお参りをします。外陣には絵馬や額が所狭しと掲げられています。外陣の右奥に納経所がありましたので、そこで今回は西国三...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)④ 観音堂その1

今回で4回目の報告となります『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))です(^^)/前回は三重塔から唐院を見て、微妙寺から毘沙門堂までを紹介致しましたが、その毘沙門堂の前が観音堂の入口になっています。石段を上り、一つ高い位置に観音堂はあります。丸みのある石に「西國十四番礼所 三井寺観音堂」と刻まれた石碑があります。石段の脇には西国三十三所のノボリも立てられ、礼所の雰囲気も出てきました。(^^)/石段の途中、...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)③ 三重塔~微妙寺

前回は金堂(本堂)から一切経蔵までをご紹介しましたが、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の次の場所は「三重塔」です。「一切経蔵」を過ぎた辺りに人だかりがある場所がありました。それが下の写真です。実はこの場所、映画好きな人はわかると思いますが、映画「るろうに剣心」で、主演の佐藤健さん演じる剣心が刃衛(敵方)と初めて相対し、武井咲さん演じる薫を刃衛の魔の手から危機一髪で救い出すシーンを撮影した場所...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)② 金堂~経蔵

前回の「釈迦堂(食堂)」に続いて今回は、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の本堂にあたります「金堂」からになります(^^)/ 前回も書きましたが園城寺が正式名で三井寺は俗称になります。境内案内図では釈迦堂から上(西)へ歩いて100m程の突き当たりに「金堂」があります。境内案合図は前回のブログをご覧下さい。金堂境内の手前左手に手水舎がありました。最近はどこも柄杓がなかったんですが、ここはありましたので、...

[滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)① 大門~釈迦堂

近江神宮に続いては、南に2kmの場所にあります『三井寺』(みいでら)に行きました(^^)/正式名称は、山号が長等山(ながらさん)、寺号は園城寺(おんじょうじ)で「長等山園城寺」となります。通称・別称である「三井寺」の方が有名で、公式のホームページでも「三井寺」を正式に使用しているようです。なお、「三井寺」の通称は、この寺に涌く霊泉が天智・天武・持統の3代の天皇の産湯として使われたことから「御井」(みい)の寺と言わ...

[滋賀県] 古都大津京跡に鎮座する近江神宮

今回は京都に程近い、滋賀県は大津市に行きました。旧東海道の道程にありながら大津宿もあり、とても歴史のある街なんですが、大津市は一度も訪れたことがなく、ワクワクしながらの御朱印拝受となりました。まず最初に伺いましたのは、『近江神宮』(おうみじんぐう)です(^^)/駐車場は二の鳥居近くにありまして、一の鳥居まで数百メートル戻ってきました。入口右手にある社号標には「近江神宮」と刻まれています。木製の大鳥居であ...

[滋賀県] 国宝十一面観世音のある渡岸寺観音堂 向源寺

宝厳寺の参拝を終え長浜港に戻ってきましたが、まだ若干時間があったので、長浜市高月町渡岸寺にあります『向源寺』(こうげんじ)に行きました(^^)/国道365号線を北進し、向源寺にのある場所へ左折した所に石碑がありました。「国宝 観世音菩薩」の文字が刻まれています。観音堂の手前に無料駐車場がありましたので、車を停めて観音堂入口に来ました。門の手前左側には、また「国宝観世音」の文字が刻まれた石碑がありました。タイ...

[滋賀県] 国宝唐門と西国三十三所観音堂の宝厳寺

前回は『宝厳寺』(ほうごんじ)の御本尊がある本堂(弁才天堂)まで報告しましたが、今回はその続きで、残りの半分を報告していきます(^^)/まずは、先程上がってきた石段を左に進み、上に行く石段を上がると建物の手前に重要文化財看板が出てきました。「毛抜型大刀」と書かれた大刀がこの先にある宝物殿にでも納められているんでしょうか?もちの木の奥に朱色の三重塔が現れました。株立ちのいい「もちの木」は慶長七年(1602)、豊臣...

Top