fc2ブログ

大人の事情 ~御朱印ライフ~

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました~♪

    List of posts!

[PR]

[千葉県] 成田山新勝寺 平和大塔~成田山公園

「醫王殿」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「平和大塔」から最後までを紹介します(^^)/「醫王殿」の右横にあります「平和大塔」(へいわのだいとう)は、昭和59年(1984)に総工費約350億円で建立されました。真言密教の教えを象徴する塔で、総高は58m、1階は成田山の歴史展、写経道場各種受付があります。2階の明王殿には、大塔の御本尊不動明王、四大明王、昭和大曼荼羅、真言祖師行状図が奉安され、3・4階...

[千葉県] 成田山新勝寺 清瀧権現堂~醫王殿

「光明堂」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「清瀧権現堂」から「醫王殿」までを紹介します(^^)/と、言いたいところですが、残念ながら「清瀧権現堂」は保存修復工事に入っており、見ることができませんでした(; ̄O ̄)ガーン近くにスーパーゼネコンの大林組の事務所があるなぁと思ってたら…普段から中に入ることは出来ないようなんですが、最初に見た「三重塔」や「鐘楼」のような色鮮やかな装飾が施されて...

[千葉県] 成田山新勝寺 国重文の額堂~光明堂

前回の「釈迦堂」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「額堂」になります(^^)/「釈迦堂」の境内からは北側の石段を上った所に堂宇がたくさんありました。右側が「開山堂」、次に一番奥の方に見えるのが「平和大塔」、その次が「光明堂」で中心の一番大きく写っているのが「額堂」で、最後が「朝日観音堂」です。「額堂」はその名の通り「額」や「絵馬」を掲げる建築物ですが、ここにある「額堂」は国指定の重...

[千葉県] 成田山新勝寺 花まつりの釈迦堂

前回の出世稲荷に続いては『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の釈迦堂です(^^)/出世稲荷へ向かう時に通った石段を下り、北へ曲がった所の花壇広場です。右に大本堂があり、左側に釈迦堂があります。中央の花壇の場所を左に曲がった所に「成田山花まつり」と書かれた「白象」(びゃくぞう)がいました。白象については、「花まつりは、お釈迦さまのお誕生をお祝いする行事です。 お釈迦さまは、約2500年前の4月8日、インドの...

[千葉県] 成田山新勝寺 出世稲荷大明神

『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の大本堂に続いては、境内最西にある「出世稲荷」(しゅっせいなり)となります。何も知識を入れずに来ましたので、本来なら前回最後に見ました大本堂の西側にある「釈迦堂」に行っていましたが、大本堂で御朱印を書いてもらっている時に「成田山御朱印MAP」をいただきまして、その順番の2番は「出世稲荷」となっていましたのでそこから回ることになりました(^^)/最初にありました石段を...

[千葉県] 真言宗智山派大本山 成田山新勝寺 総門~大本堂2

前回よりの続きです。『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「大本堂」からとなります(^^)/銅板葺きの緑青が美しさを際立たせ、二重屋根が更に豪華さを醸し出しています。まずは、「大本堂」の周りにあります堂宇から見ていきます。境内の左手には、総門をくぐった左手にもありましたが、「御護摩受付所」です。「納札所」や「御守・御札受場」なども併設されています。境内の右手には、煌びやかな装飾が施された「三重塔」...

[千葉県] 真言宗智山派大本山 成田山新勝寺 総門~大本堂1

今回"大人の事情"では初めての千葉県となりました。タイトルにもありますが『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)に行ってきました(^^)/息子の見送りで、前日に成田駅近くのホテルに泊まりましたので、そこから歩いて向かいます。ちょっと歩くと「成田山表参道」に出ます。この参道、なんと1㎞くらいあるんです!その1㎞の間にお土産屋さんや食べ物屋さんなど色々なお店があり、朝からかなりの賑わいでした。ようやく豪華な「...

[岐阜県] 下呂市湯之島に開基 温泉寺

前回に続いて下呂市湯之島にある『温泉寺』(おんせんじ)です。前回は、玄関の七福神寿老人でのお参りまででしたが、続いては山門右手にありました「鐘楼」です。本瓦葺き入母屋造りの屋根があり豪華な造りです。手前には野口雨情作詞で下呂歌謡の歌碑がありました。「下呂の温泉 お薬師さまは 昔ながらに 湯の守り」と刻まれています。境内の南側にいます観音菩薩立像はまだ新しいようです。境内の東南側にありましたのは「普明...

[岐阜県] 飛騨街道 湯之島宿にある 温泉寺

下呂温泉合掌村にありました「かえる神社」の参拝後、合掌村を出て駐車場まで戻ってきました。続いてはそこから北にある『温泉寺』(おんせんじ)を目指します(^^)/下呂温泉はアップダウンが激しい場所で、今度は湯の街通りを上に登って行きます。少し登ると道中に黒塗りの鳥居が出てきました。鳥居には「飛騨街道 湯之島宿」の札が掛かっており、どうやら湯之島宿の入口のようです。街道沿いには「湯の街通り」と書かれた木製の常夜...

[岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 かえる神社

飛騨高椅神社に続いては、同じ下呂温泉合掌村施設内にあります、『かえる神社』(かえるじんじゃ)です(^^)/今回は資料となるものや、由縁・縁起などの説明板等何もありませんでしたので、写真から読み取った情報しかない事をご了承ください。飛騨高椅神社の向かい側に、施設内の「歳時記の森」への入口門があります。門は合掌村に見られる茅葺きにて世界観を壊さないように造られています。合掌村は下部の集落がある「合掌の里」と...

[岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 飛騨高椅神社

森水無八幡神社に続きましては、歩いて15分ほど東に向かった山の中腹にあります『飛騨高椅神社』(ひだたかはしじんじゃ)に行きました(^^)/当神社は、「下呂温泉合掌村」の中に鎮座しておりますので、まずは合掌村に入場します。因みに下呂温泉合掌村は岐阜県の白川郷(世界遺産)等から移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里です。大人個人800円の入場料を払い入場します。集落には「旧大戸屋住宅」など、国...

[岐阜県] 温泉の街 下呂市に鎮座 森水無八幡神社

3月後半にコロナのまん延防止解除を受け、日本屈指の温泉地である岐阜県下呂市に行ってきました。まずは、下呂市営駐車場(有料)に車を入れ、一番近くに鎮座していました、『森水無八幡神社』(もりみなしはちまんじんじゃ)に行きました。入口にある一の鳥居は石製の明神鳥居です。鳥居扁額と鳥居右手にある社号碑には「水無八幡神社」と刻まれています。調べますとその他に「森八幡神社」とも言うようで、どれが正式名称なのかわか...

[愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社2

前回に続き、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/前半では境内に入った所にある「神楽殿」で終了しましたが、その続きを紹介します。どうもいろんな情報を見ると、前回「神楽殿」と見解しましたが、あの後に猿投神社のリーフレットみたいな物を見つけまして、「拝殿」ってハッキリ書いてました。お参りする所がないから「拝殿」ではないと言う固定概念は捨てた方が良さそうなので、ここからは「拝...

[愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社1

今回は、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/ブログに上げるのに4ヶ月以上かかってしまいましたがご了承下さい<(_ _)>まずは、総門前にありました金色(黄色)の鳥居です。「一の鳥居」かと思ったんですが、Wikipediaによりますと、どうやら「二の鳥居」となるようです。。。 調べましたら「一の鳥居」はここから2㎞くらい南にあるようです…(^^;)二の鳥居をくぐると「籠川」が流れており、そこを...

[奈良県] 日本建国の地に鎮座する 橿原神宮

今回の奈良県最後は、飛鳥寺から北西におよそ4㎞の場所、橿原市にあります、『橿原神宮』(かしはらじんぐう)に行きました(^^)/入口前は広いスペースが取られており、右側にある駐車場に向かう道路の反対側から撮りました。入口左手の大きな社号碑には「橿原神宮」の正式名が刻まれています。高さ10mは超えるかと思われる「一ノ鳥居」は木製の明神鳥居になります。両脇に灯籠がズラ~っと並ぶ参道の巾はかなり広く、淡い色の砂利で...

[奈良県] 日本最古の大仏を安置 飛鳥寺(安居院)

岡寺(龍蓋寺)を離れ次に向かいましたのは、数㎞北西の明日香村飛鳥に鎮座する『飛鳥寺』(あすかでら)です(^^)/駐車場に入り、車の前から境内の全景を見ています。境内入り口前に「遠路ようこそ飛鳥路へ!」と題して住職謹記が書かれていました。「現在の本堂は古えの中金堂(一塔三金堂)の位置に相当し本尊飛鳥大佛は千三百九十有余年間そのままに座したまうは奇跡の存在といえよう。 平安朝まではより以上に膨張し中世以後天災地...

[奈良県] 石窟の弥勒を祀る奥の院 岡寺(龍蓋寺)

前回に引き続き『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))になります(^^)/前回は本堂までを見てきましたが、更に奥の「奥の院」に進みます。龍蓋池の前に、開基である義淵僧正と龍蓋寺の始まりを描いたレリーフがありました。 「飛鳥を荒らす悪龍を其の法力により石の蓋をもって 池に封じ込め 改心させる龍は善龍となり今もこの池に眠る この池を龍蓋池と名付け龍蓋寺(岡寺)の始まりとなる」と書かれていました。龍蓋池を過ぎ...

[奈良県] 西国三十三所観音霊場 岡寺(龍蓋寺)

前回は三重塔までを見ましたが、今回も『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))になります(^^)/写真は三重塔からの境内全景となります。手前左が前回見た「大師堂」、その奥に見えるのが「白書院」と「寺務所」です。意義奥にあります大きな建物が「本堂」となりますが、今回は本堂までを紹介させていただきます。三重塔の東側を更に上に登ると、上から境内を見下ろすことができます。山を切り開いて建立されたことがよくわかり...

[奈良県] 日本最初の厄除け霊場 岡寺(龍蓋寺)

今回は寺社の訪問としては昨年最後となりました、奈良県明日香村にあります『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))です(^^)/まずは、境内西側の県道沿いにある駐車場に車を駐め、「飛鳥周遊歩道」の階段を上がっていきます。この階段の右手にある「治田神社」(はるたじんじゃ)境内地にあったとされる「岡寺跡」について書かれた石版がありました。「岡寺(龍蓋寺)は義淵僧正によって建立されたと伝えられる寺院であるが、創建当...

[滋賀県] 近江八幡市安土町に鎮座 沙沙貴神社

安土城跡に続いては、今回の滋賀県近江八幡行脚最後となります『沙沙貴神社』(ささきじんじゃ)です(^^)/駐車場は右奥側に若干あり、砂利道を歩いて参道入口に来ました。入口には「沙沙貴神社」の銘が刻まれた社号碑と、大きな灯籠が両脇にあります。「神々しい鎮魂 沙沙貴の杜 近江百華苑」とある看板が入口にありますが、ここでは境内全域を百華苑として「干支の庭」で 十二支の石像、 初春の「蝋梅(ろうばい)」初夏の「ヒトツ...

[滋賀県] 織田信長築城も幻の城 安土城跡2

前回は安土城跡途中にあった「摠見寺」を報告しましたが、今回は『安土城跡』(あづちじょうあと)の続きを紹介します。摠見寺と重複する部分もありますがご容赦ください(^^)/まずは織田信長本廟の脇にあった「護国駄都塔」と書かれた石碑、説明がないので全くわからないんですが、塔と書かれていることからここに塔があったのかな?続いて「本丸跡」です。多分城址の中では一番広い場所かと思います。「天主台を眼前に仰ぐこの場所...

[滋賀県] 安土城郭内にある織田信長菩提寺 摠見寺

今回は、前回の「安土城跡」大手道途中にありました『摠見寺』(そうけんじ)です(^^)/当日は特別拝観(有料)を行っており、入口に木製看板で案内がありました。現存するこちらは仮本堂らしく、江戸時代末期に本堂焼失後、昭和七年「伝徳川家康邸跡」に仮本堂が建てられ現在に到っているそうです。入口前に「伝徳川家康邸址」と刻まれた石碑がありました。前述したようにこの敷地に仮本堂を建てています。摠見寺の特別拝観に進みます...

[滋賀県] 織田信長築城の幻の城 安土城跡1

近江八幡琵琶湖畔の「長命寺」に続いては、同じ近江八幡ですが湖からは少し内陸の安土山にあります『安土城跡』(あづちじょうあと)に行きました(^^)/写真は駐車場東から安土城跡山道入口と安土山の西側が写っています。舗装された入山口です。入口右手に安土城跡の説明板がありました。「安土城の築城は、織田信長が武田勝頼を長篠の合戦で打ち破った翌年、天正4年(1576)に始まります。築城にあたっては、畿内・東海・北陸から多く...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺③

前回の本堂に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の三仏堂から報告します(^^)/まずは、本堂のすぐ西側にありました「三仏堂」です。右側に「本堂」があり、渡廊下を介して「三仏堂」に繋がっています。「三仏堂」は檜皮葺き入母屋造りとなっており、三仏の名の通り、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来の三仏を祀っています。堂手前にあった説明板を撮ってきませんでしたが、下に書いておきます。「三仏堂」は滋賀県指定有形文化財...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺②

前回の三重塔に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の本堂を中心に報告します(^^)/まずは、三重塔手前北側にありました「護摩堂」です。檜皮葺き宝形造りで、朱色の躯体が手前の紅葉に合っています。(訪問は昨年の11月です)「護摩堂」は国の重要文化財となっています。「護摩堂は本尊不動明王、古来、天下太平宝祚延長長寿開運諸願成就を護摩祈祷する道場であり、慶長十一年(1606)に三重塔に続いて再建されたことが、露盤に銘打...

[滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺①

今回は滋賀県近江八幡市に行ってきました。まずは、琵琶湖畔にあります『長命寺』(ちょうめいじ)です(^^)/参道前の道路からです。参道左側に駐車場がありますが、数台しか駐められないので山の中腹にある駐車場に駐めて、歩いて降りてきました。参道入口です。参道右手にあるのは「穀屋尼寺(コクヤアマデラ)」と言うそうです。特に長命寺とは関係がないようです。入口前の道路は左に行くと中腹まで車で行くことができます。石段手...

[兵庫県] 西国三十三所観音霊場の一乗寺 ②

前回に続いて『一乗寺』(いちじょうじ)です(^^)/下の説明文はリーフレットから転載していますが、それによると現在の本堂(金堂)は約400年前に建てられたようです。国の重要文化財だけあって、木の風合いなんかいい感じですもんねぇ「初代の本堂(金堂)は白雉元年(650)孝徳天皇の勅願によって創建された。二代目の本堂は建武二年(1335)、後醍醐天皇の勅願で再建され大講堂と呼ばれた。三代目は大永三年(1523)兵火による焼失の後、永...

[兵庫県] 西国三十三所観音霊場の一乗寺 ①

姫路神社のお参り後は、今回の兵庫県観光最後となります、加西市にある『一乗寺』(いちじょうじ)に行きました(^^)/まずは、入口前に一乗寺の説明看板がありましたので転載しておきます。「一乗寺は西国三十三ヵ所観音霊場の第二十六番礼所として知られる天台宗の名刹である。 数度の火災で中世以前の古文書は残っていないが、中世の地誌である『峰相記』や元亨二年(1322)『元亨釈書』には白雉元年(650)、法道仙人の開基であると記...

[兵庫県] 姫路神社の境内社 寸翁神社

「姫路神社」に続いては、その境内社となります『寸翁神社』(すんおうじんじゃ)です(^^)/写真は前回の「姫路神社」の時にもUPしましたが、姫路神社拝殿の左側にもう一つの境内社「岩倉稲荷神社」があり、更にその左に「寸翁神社」が鎮座します。こちらも「姫路神社」の手水舎です。戻ってもう一度手を洗いました。境内にありました「鶴」でしょうか? 稲藁のようなものを利用して簡易的に作られていましたが、この神社での由縁な...

[兵庫県] 藩祖を祀る姫路城鎮護神社 姫路神社

男山八幡宮のお参り後は『姫路神社』(ひめじじんじゃ)に向かいました(^^)/水尾神社境内前の道を東に進むと姫路城の北側にあるお堀に出ました。お堀の橋を城側に渡り、そのままお堀沿いに進むと城郭の北東角に「姫路神社」がありました。境内の横を通り過ぎた所に看板がありました。境内周囲は玉垣で囲われており、入り口は格子の門が付いています。入口の左手に「懸社 姫路神社」と刻まれた社号碑があります。「姫路神社」は明治時...

Top